読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のパトリオット体験

あああああ、また自意識過剰すぎるブログを書いてしまったげんなり。

時間をかけて考えながら書いたものって大体自意識過剰すぎるものになるんだよね俺の場合。

 

この自意識過剰すぎるものを作って、最終的に衆目にさらした時の何とも言えない感情。。。この感情を最初に味わった体験は、実に幼稚園年中組の時の記憶にまでさかのぼる。

 

その日は、なんというか幼稚園の「工作で楽器を作ってみんなでパレードしよう」大会の日だった。なんかこう言ういつもとは違うイベントの日で、お菓子の箱や紙見たいなものを使って、楽器を作るイベント。

 

みんなよりもものすごくできる子なんだってことを美人先生に褒めてもらいたくて、ものすごくいろいろと頑張って考えてやった結果、できたのがなんというか、口では説明できないんだけれど、すごくパトリオットみたいなものが出来上がった。

f:id:maruimayuge:20170226195033j:plain

すごくその時点ではあんなに張り切ってやったのに、できたんがパトリオットだったんですごく自分にがっかりしてたんだけれども、さらに悪いことに、みんなで体育館に集まってパレードしましょうタイムが始まってしまった。当然俺のパトリオットは吹くこともできないし、弾くこともできなかったので、とりあえず太鼓ってことにしてさりげなく叩くことで、みんなの視線とツッコミをかわすことでなんとか乗り切っていたのっだ。

 

なんというか、さっきの美術館のブログそんな気分。