読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルガリアで体験した奇妙な気分

今日は調子がいいので、ブログ書いてみる。

 

なんとなく、今度何日にあそこに行く予定のついでに、○○に行きたい、と思いつつすっかり忘れてたんだけど、突然その期間にそれが叶った時に、奇妙な気分になる件について。

 

2年前ブルガリアに行った時のこと。

前にも書いたかもしれないけど、うまく文章にできなかったし、備忘録のために。

 

旅行の前に、グレートジャーニーって番組で、「三大廃墟特集」てのをやってて、その中にブルガリア共産党ホールが出てきた。ここに行ったら斬新じゃね?と思いつつ、計画を立てる段になってすっかり忘れてた。だって、地球の歩き方にものってなかったはずだ。

 

ブルガリアについて、なんこか街を巡ったあと、カザンラクって都市についた。とは言っても、ものすごく田舎だったように記憶している。一年に一度、バラ祭りってのがあって、その時はものすごい人で溢れるらしいんだけど、その季節ではなかったし、バラも咲いてないし、あとはバラ記念博物館みたいなものと、ちっさい公園があるくらいの小さい都市。まあ、バラ系のお土産をゲットするくらいかな…とか思いつつ、田舎の中のさらに田舎のホテルについた。

 

なんか、すごく旅慣れててスムーズに行ってるようにみえるかもしれないけど、ここまでですごく迷っている。ホテルを探すのに毎回毎回半日くらいかかってる。

 

それで、ホテルについたんだけど(やすくてテニスコートもついてて、ご飯も美味しくて、なかなかいい感じのホテルだった。ちなみに、名前はホテル・チャンピオン)、そこのマスター?が、明日タクシーの運ちゃんに、○○レフ払って、観光ツアーできるコースがあるけど行ってみない?と言われ、それに行ってみることにした。

 

翌朝、朝ごはんを食べてからタクシーにのってツアーに言った。その運ちゃんはたしかブルガリア語しか喋れないおっさんで、英語しか喋れない自分たちは意思の疎通がほとんど取れなかったのだが、とにかく、どこかしらに向かってタクシーは出発した。

 

山道をくねくね登って行ったんだけど、そのおっさんの運転が荒くて、大丈夫かな…?とか思いつつ、車酔いしつつ丘みたいなところにでて、しばらくしたら、遠くからそれは見えてきた。

 

f:id:maruimayuge:20170421094556j:image

 

ほんとうに、何もない丘の上にこれが1つだけぽつんとあって、「テレビで見たやつや!」と興奮しつつ、タクシーはそこに向かって行った。

 

f:id:maruimayuge:20170421094743j:image

 f:id:maruimayuge:20170421094813j:image

 

まずそもそも、この建物の形が奇妙すぎて、あと、すっかり忘れてたものが突然目の前に現れたことにびっくりして、興奮したと同時に、奇妙な気分になった。まるで夢で見た変なものが、現実に目の前に引きずり出されたみたいな奇妙な感覚。しかも、乗り物酔いしてるし。

 

f:id:maruimayuge:20170421095321j:image

 

その奇妙な感じが忘れられない。どれだけ有名な建物だったのか、とか、確率的にどれくらいのものなのか、とかわからないけど、とにかく変な気分だった。